種類を見分ける|糖尿病の痛みよアディオス|食事方法で健康ボディーをお出迎え
和食

糖尿病の痛みよアディオス|食事方法で健康ボディーをお出迎え

種類を見分ける

和食

高血圧の治療をする際にはタンパク質を多く摂ればいいというポイントがありますが、腎臓病の際の食事は全く逆です。腎臓病と診断された人は食事ではタンパク質と塩分を抑えた献立を考える必要があるのです。そのため、食事を宅配してもらうときは必ず専用のメニューを間違えないように注文しましょう。高血圧と腎臓の病気を併発しているときもあるので、そうなれば摂るべき栄養素も少しずつ違ってきます。そして、急性期と慢性期でも治療法や食事方法が違ってくるので、医師と相談しながら治療に取り組んでいくことが大事になってきます。腎臓病でも急性ならしっかり治療することで機能が回復することもあります。しかし、慢性であれば機能が徐々に低下したあと初めて病気に気づくことも多いです。そうなると一生腎臓病と付き合っていくことになります。

急性腎臓病の場合、食事では塩分や水分を制限したメニューにする必要があります。急性とはいえ治療は一年にもなることもあるので、長期的な目でもって治療にかからなければいけません。そして急性腎炎の場合と急性腎不全ではまた種類が違ってくることも注意です。急性腎炎は尿の通り道が詰まってしまうので、透析が行なわれることもあります。慢性的な腎疾患だと透析が行なわれる確率が高く、食事に関しても厳密なコントロールが必要になります。そうすると治療が長引く可能性が高まりますので、普段の食事を根本から見直す必要が出てきます。ナトリウムの排泄がうまくいかなくなっているため、塩分をとるのは控えましょう。献立の例としては、リンが含まれるアジなどの魚とカリウムなどのミネラル分が含まれているピーマンやしいたけを摂るといいといわれています。